淡路島で一緒にコーヒーをつくろう。

兵庫県南あわじ市、島の南西にある阿那賀。年間平均気温16℃の温暖な場所に小さなコーヒー農園があります。育てているのは一人のロースター。この農園で、日々に寄り添う、世界レベルに美味しいコーヒーを目指して栽培しています。


このオーナー制度では、「2本のコーヒーの木」のオーナーになることができます。
農園の様子や取り組みのレポート、そして実際に収穫したコーヒー豆や季節のコーヒが定期的に届きます。
将来的には、生産者との情報交換や実際に収穫に行くこともできます。

農作物であるコーヒーをもっと身近に感じ、誰でも参加できるサスティナブルな世界を目指して、このオーナー制度をつくりました。

オーナーができること。

2本の木が持てる

2本の「コーヒーの木」のオーナー権を得ることができ、実際に、あなたのお名前とシリアル番号を書いたタグを木に取り付けます。1年間あなたの木として私が大切に育てます。

実際に豆が届く

農園で収穫されたコーヒー豆を年に一度300g、産地の取り組みを記したポストカードも添えてお届けします。

上記とは別に、店主厳選のスペシャルティーコーヒーを二十四節気の季節に合わせて2週間ごとに100gお届けします。

毎月の農園レポート

農園での取り組み、生産者からのメッセージなどを毎月オーナー様にお届けします。年間を通した産地での仕事や変化、コーヒー生産の流れや1つひとつの工程の意味などについても学べます。

農園について

兵庫県淡路島の南。市内から車で1時間。シンボルの山でもある◯◯山に農園は位置しています。
標高1,700mで気温も涼しく赤土も豊か。アジアでも有数のコーヒー生産の環境が整っています。

育てているのは2種類。

アラビカ種の"ムンドノーボ"、熟したものは糖度20までいき、甘さたっぷりのスペシャルティコーヒーとして生産しています。

カネフォラ種(ロブスタ)の”◯◯”、コーヒー感が強く、しっかりとした苦味とコクのあるコーヒーとなりました。

オーナー権の価格

 

オーナープラン

年間48,000円

      サービスに含まれるもの

・2本の木のオーナー権:お名前タグの設置
・収穫された豆:11-12月
・毎月の農園レポート:写真と情報をお届け
・季節のコーヒー豆:二十四節気にあわせてお届け
・各種イベントのご参加:適宜ご連絡

※約3年後に収穫を迎える関係上、2021年期のオーナーの方には、収穫・精製処理・焙煎後のコーヒーをお届けします。

購入ページに遷移します。遷移先でご購入いただけます。

運営

2019年創業、兵庫県明石市朝霧の自家焙煎店。2021年から淡路島でのコーヒー生産を始め、自家栽培&自家焙煎を目指しています。
収穫の熟度や乾燥方法など、沖縄・久米島の生産者さんに学び、改善を繰り返し、国産で最高においしいコーヒー生産に取り組んでいます。

地球環境問題として不要なゴミを出さないために、紙コップ・ビニル袋等を使いません。

エコバック、マイキャニスターやタンブラーの利用にご協力ください。

焙煎豆は再利用可能な豆袋に入れてお渡しします。

※コーヒー試飲はどの豆も一律 ¥900(オリジナルタンブラーにお淹れします)。

マイタンブラー(250ml〜)を持ち込みの方は、温かい¥500、冷やし¥600です。

2020年8月23日(処暑)

VISIT

 〒673-0870

​ 明石市朝霧南町2-197-2

 JR朝霧駅から山側へ徒歩3

CONTACT

OPEN

 9:30〜日の入り

​ 定休日:不定休

(最新情報はInstagram)  

CONNECT

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン

INFORMATION